勃起障害がおこる原因はさまざまであり、年齢層にも幅があります。また、対処法も本格的な治療法から気休めに過ぎないようなものまであります。しかし、当人には決して他人事ではありません。そこで、勃起障害の改善が期待できる方法をご紹介します。

勃起障害に有効な食べ物

性的興奮による勃起が正常に行われない場合や性行為中の中折れなどの症状を勃起障害または勃起不全といいます。勃起障害の主な治療方法としてはバイアグラなどのED治療薬を服用することで血液をサラサラにし血行を良くすることで性器に血液を流し改善する効果があります。またED治療薬の他にも食事による勃起障害の改善方法や予防方法があります。主に勃起障害に効果があり良いとされる食事療法で魚類や野菜が特に良いとされています。性器の悩みなので精力を付ける為に肉類と考える方も少なくありませんが、血液の流れを良くする食事としては魚類いや野菜が中心となり、肉類はそれらと一緒に摂取し栄養バランスを図るために加えると良いでしょう。またネバネバとした里芋や納豆、オクラなども勃起障害には良いとされる食材でネバネバにはDHEA(体内に存在するホルモン)が豊富にあり含まれており、サポニンやムチンといった成分が含まれています。ムチンとは疲労回復や肝機能・腎機能を高める効果など勃起障害以外にも様々な病気に対して良いとされているため近年注目を集めております。また魚類ではうなぎや牡蠣などが良いでしょう。うなぎにはビタミンAやビタミンEが含まれておりホルモンバランスや生殖機能を高める効果があるほかに精力増強などにも心強い食材です。またウナギの油には悪玉コレステロールを制御し抑える働きがあります。次に牡蠣ですが、牡蠣には亜鉛がとても多く含まれており米国などでもセックスミネラルとして亜鉛が注目されています。この他に勃起不全に良いとされている食材は大変多くお薬だけに頼らず食事療法も併用することで高い改善効果が見込まれます。近年ではコンビニや冷凍食品など簡単に食事を済ます方が多くいらっしゃいますが、栄養バランスを考え見直すことも勃起障害に限らず病気に対するリスクを減らす重要な要素となります。