勃起障害がおこる原因はさまざまであり、年齢層にも幅があります。また、対処法も本格的な治療法から気休めに過ぎないようなものまであります。しかし、当人には決して他人事ではありません。そこで、勃起障害の改善が期待できる方法をご紹介します。

勃起障害の症状と比較表をチェック

勃起障害というと全く勃たない状態を指す症状と思われることがありますが、勃起をしない状態だけが勃起障害という訳ではありません。その他にも勃起はするものの硬くならない、持続性がないといった状態も同様に勃起障害に含まれます。こういった症状も含めると勃起障害に該当する男性は多く、男性なら誰しも悩む可能性がある身近な症状と言えるでしょう。
満足のいく勃起ができない時には治療薬を利用して対策をすることも可能です。代表的な治療薬としてはPDE5阻害薬があります。これは飲んで使用する治療薬なのですが、PDE5という酵素の働きを抑制してくれる治療薬です。
そもそも勃起をする理由はcGMPという物質によって海綿体への血流が促進されるからであり、それによって男性機能が強くなります。しかしずっと勃起させておく訳にはいきませんのでPDE5によって勃起を抑制する必要があるのです。しかし加齢などが原因でcGMPの分泌量が減り、PDE5の作用ばかりが強くなると抑制する力の方が上回ってしまい勃起をし難い状態になります。その場合でも阻害薬を服用することでPDE5を抑制することができる為、勃起をし易い状態にすることができます。
阻害薬は男性機能を回復させる為のポピュラーな薬であり、勃起障害に悩む男性のサポートをしてくれる存在です。そしてこうした治療薬には種類がありますので比較表をチェックして適した治療薬を選び出すと良いでしょう。
治療薬によって効き目が出るまでの時間が違っていたり、また持続性にも相違点があります。コストに関しても異なっていますので比べて選ぶことが大切です。ちなみに現在ではジェネリック品も登場している為、色々な選択肢から選べるようになっています。