勃起障害がおこる原因はさまざまであり、年齢層にも幅があります。また、対処法も本格的な治療法から気休めに過ぎないようなものまであります。しかし、当人には決して他人事ではありません。そこで、勃起障害の改善が期待できる方法をご紹介します。

勃起障害と尿管結石の関連の可能性

性器に強い痛みを感じてしまうことがある尿管結石。これはシュウ酸カルシウムやリン酸カルシウムなどが原因でできた結石が尿の通り道に移動することで、時に激痛が襲ってくる症状のことです。非常に強い痛みを感じることがありますので七転八倒の苦しみと表現されたり、時には激痛によって救急車が呼ばれることも珍しくありません。そしてこの尿管結石になることによって勃起障害が起こる可能性があると言われています。
常に痛みがある訳ではありませんので性行為をすることは不可能ではありませんが、しかしながら男性器に対して不安がある状態ですと勃起をし難くなってしまうことがあるのです。しかも尿管結石の場合、時には酷い痛みを感じることになりますので、痛みが起こった時のことを考えると心理的にも勃起をして刺激をするのは不安を感じてしまうことでしょう。そして男性器は心理状態に大きく影響され易い存在でもありますので不安があると本来の力を発揮させることはできなくなってしまうのです。よって尿管結石が原因で勃起障害が起こる可能性は十分にありますし、改善の為にもまずは結石をなくす為の治療を受けるようにした方が良いでしょう。
ただ、一旦男性器に対して不安を感じてしまうと、性欲よりも不安な気持ちが勝ってしまって結石を取り除いても勃起障害が続いてしまうこともあります。そういった場合、一度問題なく性行為ができることを確認できれば自信を取り戻せることもありますが、勃起をし難くなっているようなら治療薬でサポートをしてみるのも良いと言えます。勃起を手助けする治療薬を使用することで男性機能を強化することができ、それによって自信が回復して勃起障害が改善されることもあるのです。